• ホーム
  • 脳疾患を防ぐためにまずは減塩で高血圧改善

脳疾患を防ぐためにまずは減塩で高血圧改善

高血圧は国民病といえるほど多くの人が悩んでいるものです。
静かに症状が進行し、自覚症状もあまりないため、自分ではなかなか気づくことができません。
しかしゆっくりと進行した症状は、やがて命にかかわる大きな病気を引き起こすきっかけとなるため「サイレントキラー」とも呼ばれています。

高血圧は血管に大きな負担をかけてしまいます。
その負担に耐えるために血管は厚くなりしなやかさを失ってしまいます。
それが原因で動脈硬化を引き起こしたり、脳の血管が詰まってしまうと脳梗塞などの脳疾患などの命にかかわる病気の引き金となってしまうのです。
そのため、高血圧と診断された人は降圧を行わなければなりません。
降圧のためには投薬と共に減塩を指導されます。
これは体内の塩分濃度が高くなると、塩分の特性によって水分を引き寄せてしまい、血管を流れる血液の量を増やしてしまうのです。
血液が増えれば血管はより多くの血液を送るために更なる負担がかかってしまい、脳疾患の危険性が上がってしまうのです。
減塩を行えば血管を流れる血液を減らす効果が期待できるため、降圧につながるのです。

日本人の高血圧患者の増大に伴い、味噌や醤油など、日本古来から食べられてきた調味料にも、減塩の商品が増えています。
それらを積極的に利用したり、出汁やレモン、酢といった調味料を利用して、減塩を行うようにしましょう。
また、自然の降圧剤と呼ばれるカリウムを摂取するのも効果的です。
カリウムは体内の余分な塩分を尿として排出する作用があるため、降圧につながるのです。
食生活の改善を行ったからと言って、すぐに降圧できるものでもありません。
毎日コツコツと続けていくことでこそ効果が出てくるのです。

関連記事